婦人科で行われる不妊治療がまるわかり「カモーンベイビー」

まずは検査から

笑顔の婦人

今日、「不妊」に悩むカップルが増えています。
社会環境の変化やライフスタイルの多様化、晩婚化など様々な要因が、「不妊」の原因の1つとも言われています。
「不妊」とは、性生活を一定期間(1年又は2年程)行なっていても、妊娠できない状態のことをいいます。
このような状態が続き、子供を強く望むのであれば「不妊治療」が必要になります。
一般的に「不妊治療」は、婦人科で行ないます。
この治療の目的は妊娠することです。
そのため、1人1人の原因を解明して治療が進められます。
治療の流れとしては、精密検査後に原因がはっきり解明した場合には、それに即した最適な治療が行なわれます。
また、子宮内膜症や排卵不定期等、はっきりした原因が分からない場合は、まず自然に妊娠するための指導等を行ないます。

「不妊」で悩む多くの方は、肉体的・精神的にも辛い時期を乗り越える必要があります。治療が効果を上げ、子供を授かる方がいる一方で、なかなか効果が現われない方もいます。
若い時期に治療を始めると、妊娠の可能性は上昇します。しかし晩婚化が進む中、初産が35歳以降という方も珍しくありません。
このような方の場合は、治療の効果が現われる可能性は半減します。30代後半で不妊の疑いがあれば、早めに婦人科を受診し、治療にあたるのが良いでしょう。
人になかなか相談できない「不妊」は、治療を受けている方が孤立してしまう恐れがあります。そのようなことを防ぐため、様々な支援団体が活動を行っています。
同じ悩みを持つもの同士が意見交換をでき、治療を受ける上での支えになります。治療は、長期に渡ります。
このようなサポート体制も利用し、前向きに治療をうけることが大切なのです。